葬式を営む時の3つのポイント

葬式を営むとなると、どうすれば良いのか分からず、戸惑う事ばかりでしょう。
しかし、葬式に関して何点かのポイントを知って居れば、後は葬儀社などと相談すれば何とかなるものです。
まず重要な事は、どこでどんな形式で行うかと言う事です。
病院などで身内の方が亡くなられると、暫く遺体安置場に祀った後、遺体を搬出させる事を求められます。
この時までに、一般の葬儀とするのか、家族葬とするのかなど、形式と規模を決めて、葬儀社に手配し、遺体を移す必要があるのです。
従って、身内の方が危険な状況になれば、関係者で最悪の場合どうするかを早めにイメージ合わせして置く事も必要です。
次に重要なのが、祭壇の格式を決める事です。
どこの葬儀社でも、祭壇は数種類用意されており、祭壇の大きさや華やかさや格式で料金が大きく異なります。
葬式では、お寺さんへのお布施と、葬儀社への支払いが大きな費用ですが、葬儀社に支払う費用に中でウエートが大きいのが、祭壇の費用です。
従って、葬儀社の勧めや、見栄を張って高価な祭壇にするのではなく、自分達の意思で決める事が後悔しない為に重要です。
最後にお寺さんをどうするかと言う点です。
故人がお寺の檀家ならそのお寺さんに頼めば良いのですが、普段お寺さんと付き合いのない家も多く、この場合はどうすれば良いか悩むでしょう。
しかし自分の家の宗派さえ分かって居れば、葬儀社が近くのその宗派のお寺さんを紹介してくださるので、宗派さえ事前に把握できていれば心配ありません。
葬式は自分が主体となって営む経験は少なく、色々と迷い心配するでしょうが、上記の3ポイントを知り、後は葬儀社と相談しながら進めれば何とかなるものです。

最後のお別れ、葬式

誰でも生きていれば家族や親戚、知人など生前関わりがあった人との死に遭遇します。
親交のあった人との最後のお別れの場がお葬式です。
日頃は密に会ったりしていなくても、亡くなった人のアドレス帳などに自分の連絡先が記載されていれば、遺族が亡くなったことをお知らせてきたり、会社勤めをしていれば会社経由で連絡が入ることがあるでしょう。
しかし最近では葬式の形も多様化してきており、故人の遺志で家族葬や密葬など近親者だけで先に葬儀を行い、友人知人関係にはその後に連絡がくることが増え、従来一般的であった、通夜、葬式といった手順を踏むことが少なくなってきています。
そういった場合では故人と遺族の思いを尊重することが大切です。
もしも後日お別れの会や偲ぶ会などがあればそちらに参加し、故人とのお別れをしましょう。
会社の社長や会長などトップ人員が亡くなった場合は、社葬という形で葬儀が執り行わることが多いです。
これは会社として取引先などに知らせる意味合いも持つものです。
もしも取引先のトップ人員が亡くなったら、会社の代表として参列します。
その際には生前は仕事でも大変お世話になったことを感謝し最後のお別れすると良いでしょう。

pickup

ペット 仏壇
http://www.marierose-pet.com/
脱毛 熊本
http://www.datsumohikaku.com/kumamoto/
結婚祝いにプリザーブドフラワーを贈る
http://coco-shop.jp/html/bridal.html
ベビーギフト タオル
http://www.kanade-jpn.com/
大阪市の中古マンション
http://sumaikukan.com/
ペット火葬 川口市
http://www.nansaikaikan.com/
カッティングシート
http://hmfilm.shop-pro.jp/
セブ 留学
http://global-english-academy.net/

最終更新日:2016/8/19

Copyright c 2015 正しくお葬式 All rights reserved.